Top > 現金化 > 現金化までのプロセスと方法の違いは

現金化までのプロセスと方法の違いは

クレジットカードを使った現金化は、どんな処理がおこなわれているか知っていますか。 

仕組みを知ることができれば、リスクは存在するのかが見えてくるようになり、安心して使うことができるようになるでしょう。

 

クレジットカードの現金化は、商品を購入から始まります。

ショッピング枠を使って商品を購入することは、どんな方法も同じです。

10万円購入すれば、ショッピング枠から10万円が引かれます。

メジャーな方法となっているのは、現金は決められた還元率に合わせて、キャッシュバックし口座に振り込む方法、キャッシュバック付き商品の購入でしょう。

 

ほかにも、商品自体は購入してすぐにキャンセルすることで、現金を返す方法がありました。

クレジットカードの利用履歴が残るため、返済義務は残りますが、現金で返ってくるのですから便利な方法です。

しかし、この方法はクレジットカード会社から警戒されることから、ほとんど使われていません。

 

こういった方法のどれも、ショッピング枠の利用歴という形で残ります。

返済は、クレジットカードのショッピングという形ですので、金利もキャッシングではなく、低く設定されているショッピングのものが適用されるのです。

キャッシングではなっていないため、借金という扱いが去れません。

この商品購というところが、クレジットカードの現金化の強い特徴なのです。

 

キャンセルを使った方法に関しては、利用停止になることもあり、現金化する業者を選ぶときは、しっかりと判断して選びましょう。

参考サイト:http://www.money-credit.link/

現金化

関連エントリー
現金化までのプロセスと方法の違いは